MENU

母子家庭で生活保護を受けるデメリットとは?

生活保護は、それがないと生活することができない人にとって、なくてはならない制度です。日々の生活費や住居の家賃として現金が支給され、医療費、介護費用などの控除、母子家庭になると子供の教育費の支給など、様々な扶助を受けることができます。

その一方で、生活保護を受けることによるデメリットもあります。それは、生活保護を受けていないときは個人の判断でできたことができなくなる、という制約です。

制約はいくつかあり、どの制約も、生活保護を受けてぎりぎりの生活をしており、余裕はないはず、という考えから来ています。また生活保護の費用は公的資金から支出されている、つまり、国民の税金から払われている、ということも背景にあります。

設けられている制約は原則守ることが求められ、もし守られないときは、生活保護の停止という措置がとられます。さらに、状況によっては生活保護費の返還を請求される、といった厳しい処分が下されることがあります。

そうならないためには、生活保護を受けるとどのようなデメリットがあるのか、正しく理解する必要があります。ここでは、母子家庭で生活保護を受けることのデメリットについて、ひとつずつみていきます。

目次

生活保護を受けるメリット

生活保護のデメリットを見ていく前に、メリットについて、あらためて確認していきます。

生活保護は、経済的に困難な状況にある人々にとって、生活を支えるための重要な制度です。この制度を利用することで得られるメリットには、経済的な安定や医療費のサポート、住宅のサポートなどがあります。しかし、生活保護を受けることのメリットは、これらの経済的なサポートだけではありません。

経済的な安定を得る

生活保護を受けることで、まず最も大きなメリットとして経済的な安定を得ることができます。生活保護は、生活に必要な最低限の費用を国や自治体から支給される制度であり、これにより、食費や家賃、医療費などの基本的な生活費を確保することができます。

生活保護の支給基準

生活保護の支給額は、生活保護法に基づく基準に従って計算されます。この基準は、最低限度の生活を営むために必要な費用を考慮して設定されており、家賃や光熱費、食費、医療費などの基本的な生活費をカバーすることができます。

医療費のサポート

生活保護を受けている人々は、医療費の大部分が免除されることが多いです。これにより、病気や怪我の際にも適切な医療を受けることができ、健康を維持することが可能となります。

教育支援

生活保護を受けている家庭の子供たちは、公立の小学校や中学校の教育費が免除される場合があります。これにより、経済的な困難によって教育の機会を失うことなく、子供たちが学校教育を受けることができます。

住宅のサポート

生活保護を受けている人々は、住宅の賃貸料の一部が補助されることがあります。これにより、安全で快適な住環境を確保することができます。

就労支援

生活保護受給者には、再就職を目指すためのさまざまな支援が提供されています。職業訓練や就職相談など、受給者が再び社会に復帰するためのサポートが整っています。

特に、失業や病気、怪我などで収入が途絶えてしまった場合、生活保護は大きな安心感をもたらしてくれます。また、生活保護を受けることで、将来にわたる経済的な安定を計画することも可能となります。

医療費や教育費のサポート

生活保護を受けることのもう一つの大きなメリットは、医療費や教育費のサポートを受けられることです。

医療費

医療費は、病気や怪我をした際にかかる治療費や薬代などを指します。特に、手術や長期の治療が必要な場合、医療費は非常に高額になることがあります。生活保護を受けている場合、医療費の一部や全額が自治体から支給される制度があり、これにより、患者やその家族の経済的な負担を大きく軽減することができます。

教育費

生活保護を受けている家庭の子供たちは、公立の学校において教育費の一部や全額が補助されることが多いです。具体的には、学校の授業料や教材費、制服費などが補助の対象となります。さらに、一部の自治体では、塾や習い事の費用に関する補助制度も設けられており、子供たちが様々な学びの場を持つことをサポートしています。

支援を受けることで経済的に困難な家庭の子供たちにも、良い教育を受けさせることが可能となります。また、病気や怪我の際にも治療を受けられる、という安心感を持つことができます。

住宅のサポート

住宅は私たちの生活の基盤となるものであり、安全で快適な住環境を持つことは、心の安定や健康を保つ上で非常に重要です。生活保護を受けることで、住宅に関するサポートを受けることができます。

家賃の補助

生活保護を受けている人々は、家賃の一部が補助される制度が存在します。この補助は、住宅の賃料が一定の基準を超える場合や、特定の条件を満たす場合に支給されます。これにより、経済的な困難によって住居を失うリスクを軽減することができます。

住宅改修のための補助金

高齢者や障害を持つ人々が自宅での生活を続けるためには、住宅のバリアフリー化や安全対策が必要となることがあります。生活保護を受けている場合、これらの住宅改修のための補助金が提供されることがあります。

新たな住居の探索サポート

生活環境の変化や家族構成の変動など、さまざまな理由で新しい住居を探す必要が生じることがあります。生活保護を受けている人々には、新たな住居を探すためのサポートや相談窓口が提供されることがあります。

特に、高齢者や障害を持つ人々にとって、住環境を整えることは生活の質を大きく向上させる要因となります。また、生活保護を受けている家庭には子供がいる場合も多く、子供たちが安心して成長できる環境を整えるためにも、住宅のサポートは欠かせないものとなっています。

このように生活保護のメリットは沢山あり、必要としている人にとってはなくてはならない支援制度と言えるでしょう。しかしその一方で、デメリットも確実に存在します。次に、そのデメリットについて、詳しく見ていきます。

母子家庭で生活保護を受けるとどんなデメリットがある?

貯金ができない

毎月ぎりぎりの生活をしているはず、という考えから、生活保護を受けていながらの貯金は、原則認められていません。これは、将来に備えて蓄えがしたいと考える人にとっては、大きなデメリットです。

ただし、母子家庭で生活費をとことん切り詰めて子供の将来の教育費を貯めておきたい、生活保護をやめて自立するために資格を取りたい、その費用を貯めたいなど、理由によっては認められることがあるので、そういう場合は担当のケースワーカー、福祉事務所に相談するようにします。

それ以外の目的、例えば旅行の費用や貴金属の購入、投資費用といった自立とは関係のない出費のための貯金は認められていません。

車を所有できない

生活保護を受けるためには所有する資産はすべて売却し、換金する必要があります。生活費に充てるためです。そして、車は資産としてあつかわれることから、基本的に車を持つことは認められていません。

ただし、車がないと生活できないという場合に限り、所有が認められることがあります。住む地域の公共交通機関が発達しておらず、通勤や母子家庭での子供の通学、日常の買い物など、非常に不自由すると道められた場合、本人に障害があり、車がないと移動できない、自営業で仕事をするのに車が必要、といったケースです。

しかしこの場合でも、所有が認められた要件以外に車を使うことは認められていません。バスや電車がないので通勤に車が必要と認められたにもかかわらず、車で旅行に行く、といったことです。

車を持つことは、燃料や保険代などの維持費がかかります。用途が限定されてもその費用は変わらないというのは車を持てたとしても、大きなデメリットです。

家賃に上限がある

生活保護には家賃を支給してくれる住宅扶助がありますが、支給される金額の上限が決められています。住む地域の平均的な家賃に基づき、その上限は決まっていますが、実際にその上限に収まる物件が自分の希望に合うか、という問題が出てきます。

母子家庭で子供が二人いるので3部屋は欲しい、と思っても、その物件が支給額の上限を超えるとあきらめなくてはなりません。これが家賃に関わる一番のデメリットです。

多少のオーバーは自己負担とすることで居住を認められますが、生活費を圧迫してしまうので、できるなら支給額内に収めたいところです。

クレジットカードは持てない

生活保護費で借金を返済することは認められていません。クレジットカードは信販会社に借金をして支払いに利用するしくみであることから、所有は認められていません。

もし急に必要なものがあったとしても、クレジットカードを使って購入する、といったことができないのがデメリットです。

ローンが組めない

クレジットカードが持てないのと同じ理由で、ローンを組むことはみとめられていません。

車を持つことが認められたとしても、購入にはローンを組めない、といったデメリットがあります。

贅沢品は購入できない

日常の生活をしていく上で特に必要ではないもの、ブランド品のバッグ、高級・高額な家電、ゴルフクラブなどの遊戯に使う道具の購入は認められていません。

ただ、以前はパソコンは贅沢品として考えられ購入は認められていませんでしたが、最近は、仕事をする、あるいはコミュニケーションツールとして使われることから、購入が認められるケースが増えてきました。

そのため、母子家庭で在宅ワークをしたいが、ないと仕事ができないなど、パソコンの購入が必要なときは担当のケースワーカーに相談することになります。

贅沢品を購入する余裕はないはずなので、これはそれほど大きなデメリットではないと言えます。

定期的に担当のケースワーカーが家庭訪問する

生活保護を受けはじめると、担当のケースワーカーが定期的に家にきます。これは、収入がどれくらいあるのか、仕事を探しているのであれば、その活動状況の確認のためです。

目的は主に、最初に申告した収入から変わっていないか、仕事をしていなっかたのであれば、自立のための就職活動をしているか、といったことです。もし収入が変わっているのであれば、支給額の見直しが入ります。全く就職活動をしていなければ、なぜしないのか問われ、指導を受けたりします。

家庭環境や家計などがすべて知られることになり、プライバシーという点でデメリットになります。

親族に扶養照会が入り、生活保護を受けていることが知られる

生活保護を申請すると、その人の3親等までの親族を調べ、援助できないか、という問い合わせをします。もし援助可能な親族がいる場合、援助する金額によって生活保護からの支給額が減額されることになります。

親族に問い合わせが行くことから、生活保護を受けようとしていることが親族に知られる、というデメリットがあります。

これらのデメリットとメリットを比較し、生活保護を受けるかどうか、最終的に判断します。

生活保護を受けるデメリットの対処方法

生活保護を受けることによるデメリットを見てきました。貯金の制約や車の所有に関する制限などですが、実はこれらのデメリットや制約には対処方法があります。

貯金の制約を乗り越えるための方法

生活保護を受ける場合、一定額以上の貯金があると受給資格がなくなることがあります。しかし、未来のための貯蓄や急な出費に備えるための貯金は非常に重要です。この制約を乗り越えるためには、貯金の方法や金融商品の選び方を工夫することが求められます。

非課税の金融商品を利用する

一部の金融商品は、税制上の優遇措置が受けられるものがあります。例えば、少額投資非課税制度(NISA)などは、所得税や住民税が非課税となる制度があります。これを利用することで、資産を増やしつつ、生活保護の受給資格に影響を与えにくくすることができます。

家族名義での貯金

生活保護の受給資格は、個人の資産状況に基づいて判断されます。そのため、家族名義での貯金を行うことで、資産の一部を分散させることが可能です。ただし、この方法には注意が必要であり、実際の生計を共にしている家族の資産も考慮される場合があります。

生命保険や年金保険の活用

生命保険や年金保険は、将来のリスクをカバーするためのものであり、一定の条件下で生活保護の資産評価から除外されることがあります。これを活用することで、未来のための資産形成を行いつつ、生活保護の受給資格を維持することが考えられます。

これらの方法を適切に組み合わせることで、生活保護の制約を乗り越えつつ、安定した経済的な基盤を築くことができます。

車の所有に関する例外条件

生活保護を受ける場合、車を所有していると受給資格を失うことがあると一般的に考えられがちです。しかし、実際には例外条件が存在します。

仕事や通院のための車の所有

生活保護を受けている人で、仕事や通院のために公共交通機関では対応が難しい場合、車の所有が認められることがあります。特に、公共交通の便が悪い地域や夜間の勤務が必要な場合など、車が必要不可欠な状況であれば、例外的に車の所有が許可されることが考えられます。

障害者や高齢者の車の所有

障害を持つ人や高齢者は、移動のために特別な配慮が必要な場合があります。例えば、車椅子を使用している人や歩行が困難な高齢者などは、公共交通機関の利用が難しいことが多いです。このような場合、生活保護を受けているにも関わらず、車の所有が認められることがあります。

車の所有に関する手続き

車の所有を希望する場合、生活保護の担当窓口に申請を行う必要があります。申請の際には、車の所有が必要である理由や状況を詳しく説明することが求められます。適切な理由と証明があれば、例外として車の所有が認められることが考えられます。

このように、生活保護を受けることと車の所有は必ずしも相反するものではなく、適切な手続きや条件をクリアすることで、車を所有しながら生活保護を受けることが可能です。

クレジットカードやローンの代替手段

生活保護を受けていると、クレジットカードの取得やローンの契約が難しくなることが一般的です。しかし、現代の生活において、これらの金融サービスは非常に便利であり、なくてはならないものとなっています。そこで、生活保護受給者でも利用できる代替手段を探ることが重要です。

プリペイドカード

プリペイドカードは、事前に金額をチャージして使用するカードです。クレジットカードとは異なり、与信審査が緩やかであるため、生活保護受給者でも取得が容易です。ショッピングやオンライン決済など、クレジットカードと同様の利用が可能であり、現代の生活において非常に便利です。

専用の金融機関や信用組合の小額ローン

一部の金融機関や信用組合は、生活保護受給者を対象とした小額ローンを提供しています。これらのローンは、緊急の出費や生活資金の補填など、短期的な資金ニーズに対応するためのものです。利息や手数料は比較的低く設定されており、返済計画も柔軟に組むことができます。

カードローンの代替手段

カードローンの取得が難しい場合、質屋やリボルビングローンなどの代替手段を利用することも考えられます。これらのサービスは、短期間の資金調達に適しており、返済条件や利息などをしっかりと確認した上で利用することが重要です。

生活保護を受ける前に考えるべき事項

生活保護を受けることを考える前に、まず自分の現状をしっかりと把握することが大切です。自分の収入、支出、貯金などの金銭的な状況を理解し、生活保護が本当に必要なのか、他に選択肢はないのかを考えてみましょう。

生活保護の申請を考える前のステップ

生活保護を申請する前に、まず自分の生活状況を詳しく見てみましょう。生活費や家賃、医療費など、毎月の支出はどれくらいなのか。また、自分の収入はどれくらいで、それが支出をカバーできているのか。これらの情報を把握することで、生活保護が必要なのかどうかが明確になります。

次に、自分の財産状況を確認しましょう。貯金や不動産、車など、自分が所有している財産は何か。これらの財産を生活費に充てることができるのか、それとも生活保護を受けるためにはこれらの財産を手放す必要があるのか、確認してみましょう。

また、生活保護を申請する前には、他の支援制度やサービスを利用できないか調べてみることも大切です。地域の福祉事務所や市役所などに相談してみると、自分が利用できる制度やサービスを教えてもらえることがあります。例えば、子育て支援や医療費の補助、住宅支援など、生活保護以外にも様々な支援制度があります。

最後に、生活保護を申請することのメリットとデメリットを理解しておくことも重要です。生活保護は、経済的に困難な状況を改善するための制度ですが、それには一定の条件があります。また、生活保護を受けることで、自分の生活や将来にどのような影響があるのか、しっかりと理解しておくことが大切です。

生活保護を受けることによるメンタルヘルスへの影響

生活保護を受けることは、経済的な支援だけでなく、心の健康にも影響を与えます。生活保護を受けることで経済的な安定を得られる一方で、それが心にプレッシャーやストレスをもたらすこともあります。

生活保護と心の健康

生活保護を受けることで、経済的な安定を得られますが、それが心にプレッシャーやストレスをもたらすこともあります。生活保護を受けるという決断は、自分自身の生活や将来に大きな影響を与えるものですから、それが心に負担を感じさせることは十分に考えられます。

生活保護を受けることで、心の健康に影響を与える要素はいくつかあります。一つは、生活保護を受けることによる自己評価の低下です。自分自身が社会からの支援を必要としているという事実は、自己評価を下げ、自尊心を傷つけることがあります。しかし、生活保護は生活を支えるための制度であり、それを利用することは決して恥ずかしいことではありません。

また、生活保護を受けることで周囲からの視線や評価が変わることを恐れる人もいます。しかし、生活保護は生活を支えるための制度であり、それを利用することは決して恥ずかしいことではありません。自分自身の心の健康を守るためにも、生活保護を受けることに対する自己評価や他人からの評価に振り回されないようにしましょう。

生活保護を受けることが心の健康に与える影響を理解し、それに対処するためには、適切なサポートが必要です。心の健康を支えるためのサポートは、心理カウンセラーや社会福祉士などの専門家から受けることができます。また、自助グループや地域の支援団体などからもサポートを受けることができます。

生活保護を受けることによる子供への影響

母子家庭で生活保護を受けると、それは子供たちにも影響を与えます。子供たちは親の経済状況や生活状況を敏感に察知しますし、それが子供たちの心や行動に影響を与えることもあります。

子供たちと生活保護

生活保護を受けることで、子供たちは親の経済状況や生活状況を敏感に察知します。そのため、親が生活保護を受けることで、子供たちは自分たちの生活や将来について不安を感じることがあります。

しかし、親が生活保護を受けることは、子供たちにとって必ずしも悪いことではありません。生活保護を受けることで、親は経済的な安定を得ることができ、それが子供たちの生活環境を安定させることにつながります。

また、生活保護を受けることで、子供たちは社会の支援制度や福祉制度について学ぶ機会を得ることができます。これは、子供たちが社会の一員として生きていくための大切な教育の一部です。

生活保護を受けることの影響を最小限に抑えるためには、親が子供たちに対して正直で開放的であることが大切です。生活保護を受ける理由やその影響について、子供たちが理解できるように説明しましょう。それによって、子供たちは自分たちの状況を理解し、それを受け入れることができます。

生活保護を受けることの社会的な影響

生活保護を受けることは、経済的なサポートを受けるという側面だけでなく、社会的な影響も持っています。特に、周囲の人々の反応や偏見、差別など、生活保護受給者が直面する問題は少なくありません。しかし、これらの問題に対処するための方法や、実際の生活保護受給者の声を知ることで、より良い理解やサポートが期待できます。

周囲の人々の反応と対処法

生活保護受給者に対する偏見や誤解は、残念ながら今も存在します。周囲の人々の反応や態度に悩む受給者も少なくありません。しかし、これらの反応は、多くの場合、情報の不足や誤解に基づいています。

情報の不足と誤解の原因

多くの人々が生活保護に関する正確な情報を持っていないため、誤解や偏見が生まれることがあります。例えば、生活保護受給者が「働かないで生活している」という誤解や、「税金の無駄遣い」という偏見などが根強く存在します。

正確な情報の提供

受給者自身が正確な情報を持ち、それを周囲の人々に伝えることは非常に重要です。生活保護の目的や制度、受給資格などの基本的な情報を理解し、それを他者に伝えることで、誤解を解消することができます。

啓発活動やセミナーの参加

生活保護に関する啓発活動やセミナーに参加することで、偏見や誤解をなくすための具体的な取り組みに参加することができます。これらの活動は、生活保護受給者だけでなく、一般の人々にも開かれており、共に理解を深めることができます。

偏見や誤解を乗り越え、受給者としての権利を守るためには、正確な情報の提供と啓発活動への参加が不可欠です。

生活保護受給者の実際の声

生活保護受給者の実際の声を知ることは、生活保護に関する理解を深める上で非常に有益です。実際の受給者の経験や感じること、日常の悩みや喜びを知ることで、生活保護に対する偏見や誤解を払拭する手助けとなります。

経済的困難との戦い

多くの生活保護受給者は、突然の失業、病気、家族の事情など、さまざまな原因で経済的困難に直面しています。彼らの声を聞くことで、生活保護がどれほど必要な制度であるかを実感することができます。

社会とのつながり

生活保護を受けているからといって、社会から孤立しているわけではありません。多くの受給者は、地域の活動やボランティアなどに参加し、社会とのつながりを保っています。これにより、彼らは自分の存在価値を再確認し、生活の質を向上させることができます。

啓発活動への取り組み

一部の受給者は、自らの経験を活かして、生活保護に関する啓発活動やセミナーの開催、新たな受給者のサポートなどに取り組んでいます。彼らの活動は、生活保護に対する社会の理解を深めるための大きな一歩となっています。

社会のサポート体制

生活保護受給者をサポートするための体制は、国や自治体だけでなく、地域社会やNPO、ボランティア団体など、多岐にわたっています。

国や自治体のサポート

国や自治体は、生活保護制度の基盤となるサポートを提供しています。これには、生活費の支給や医療費の補助、住宅のサポートなどが含まれます。また、就労を希望する受給者のための職業訓練や就職支援も行われています。

NPOやボランティア団体の役割

多くのNPOやボランティア団体が、生活保護受給者のためのサポート活動を行っています。これには、食品の提供や法的相談、心のケアなどが含まれます。また、受給者と地域社会とのつながりを深めるための交流会やイベントも開催されています。

子育てや高齢者のサポート

子育て中の家庭や高齢者を対象としたサポートも充実しています。子育て支援センターや高齢者のためのデイサービスなど、ニーズに応じたサービスが提供されており、受給者の日常生活をサポートしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次