母子家庭で大学に進学したい、費用負担を少なくする方法はある?

今の日本では大学に行くのが普通ですが、それは大学に行かないと就職に不利、と言われてきたからでしょう。

いい会社に行くには少しでもいい大学に言っておかないと、と考える親御さんは今も多く、子供の方も大学に行っておかないと就職できない、という危機感があり、それは母子家庭であっても同じでしょう。

しかし大学に行くことを考えたとき、誰もが頭に浮かぶ事といえば、進学に必要な費用のことではないでしょうか。

国公立大学でも入学金、授業料を合わせればかなりの費用になりますし、これが私立大学になると、大学によっては国公立大学の何倍にもなることもあります。

また必要な費用は大学の入学金、授業料だけでなく、教材の費用、交通費、親元を離れるのであれば、アパート代、そして仕送り等、様々な費用がかかります。

そのため、一般の家庭でも大学の費用は大きな負担になり、子供もバイトなどをして少しでも学費を賄っていますよね。

母子家庭などのひとり親世帯においては、この大学の費用にまつわる問題は最も頭を悩ませ、入学した後にも重くのしかかってくることは間違いないでしょう。場合によっては進学をあきらめる、ということもあるかもしれません。

しかし、確かに大学に行くためには相応の費用はかかりますが、経済的に苦しい家庭でも進学をあきらめることがないように、国や自治体などが様々な支援制度を用意しており、母子家庭でもそういった制度を利用して大学に進むことができるようになりました。

ここでは、母子家庭で大学に進学する場合、どうしたら少しでも費用負担を少なくすることができるか、その方法と母子家庭が利用できる支援制度について、紹介します。

目次

母子家庭で大学の費用はいくらかかる?

まず、大学にはいくらくらいかかるのか見てみましょう。そのうえで、母子家庭で大学の費用を少なくするにはどのような方法があるのか、紹介していきます。

学費

大学進学時は、授業料のほかに入学金教材費などがかかります。また、国立大学、公立大学、私立大学ではかかる費用は変わってきます。

国公立大学の費用

入学金授業料合計
国立大学282,000円535,800円817,800円
公立大学391,305円536,363円927,668円

出典:文部科学省「国公私立大学の授業料等の推移」

国立大学の入学金、授業料は国によって決められているので、大学による差は基本的にはありません。また公立大学は授業料は国立大学とほぼ同じですが、授業料は若干高くなります。

ただし、これは大学がある地域外から入学した場合で、同じ地域に住んでいるのであれば、優遇されて安くなります。

後述する私立よりは安いですが、それでも多くの母子家庭にとっては大きな負担です。大学の学費は毎年のように上がっていくので、負担は大きくなるばかりです。

私立大学の費用

私立大学は各大学が独自で費用を定めており、学部や大学によって様々です。

学部入学金授業料施設設備費合計
文科系学部225,651円815,069円148,272円1,188,991円
理科系学部251,029円1,136,074円179,159円1,566,262円
医歯系学部1,076,278円2,882,894円931,367円4,890,539円
その他学部254,836円969,074円235,702円1,459,612円
平均245,951円930,943円180,186円1,357,080円

出典:文部科学省「令和3年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)の調査結果について」

医歯系学部を除くと入学金は国公立大学とあまり変わりませんが、授業料は倍くらいかかり、国公立大学にはなかった施設設備費という費用が別途かかります。そのため、母子家庭で私立大学を目指すのはなかなか難しいものがあります。

医歯系学部は私立大学の中でも飛びぬけて費用がかかります。昔から大学の中でも医学部、歯学部はお金がかかる、と言われてきましたが、こうして数字で見ると、あらためてその通りと思いますよね。

私立短期大学

区分入学金授業料施設設備費合計
平均237,615円723,368円166,603円1,127,586円

出典:文部科学省「令和3年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)の調査結果について」

私立短期大学は、4年制より在学期間が短いのでトータルで見ればかかる費用は少なくなりますが、入学金や授業料は4年制とあまり変わらないことがわかります。

母子家庭で経済的に苦しいと、できれば国公立にと親としては思いますが、子供の夢や将来のことを考えると難しいですよね。ただ現実問題として私立はとても無理、という母子家庭の方は多いのではないでしょうか。

教材費

教科書や参考書、プリント等の授業で使う教材にかかる費用です。大学が独自に選定するので費用の額はまちまちですが、教科書一冊が数千円することも珍しくありません。

パソコン購入費用

大学進学に合わせ、パソコンを購入する学生が増えています。調べものやレポートの作成にあると便利、大学で必要とされるところもあり、今の大学生の必需品になりつつあります。

デスクトップにするかノートにするか、どのグレードにするかで費用はかなり変わってきますが、ネット検索や大学のレポート作成等であれば数万円程度が一般的です。

もしネットにつなぐのであれば、インタ-ネット環境も必要になってきます。自宅通いで既に環境があれば費用は発生しませんが、これから準備するというのであれば、設備や接続費がかかってきます。

交通費

大学に通うのに公共交通機関を使うのであれば、定期代が必要になるでしょう。車や二輪車で通うなら燃料代、駐車場代がかかります。自転車でも最近は駐輪場にとめるようになってきているので、その費用がかかります。

定期券の場合、利用区間によりますが、半年的で数万円くらいが一般的です。地域によっては母子家庭には定期代を割引をしているところもあります。

生活費

自宅を離れ、大学の寮やアパートなどを借りる場合は、家賃が大きな費用になってきます。また、食事や光熱費なども、一人暮らしになると新たにかかる費用になります。

日本政策金融公庫「令和2年教育費負担の実態調査結果」によると、自宅以外から大学に通う場合、最初にかかる費用は平均で391,000円となっています。

どの費用も母子家庭にとっては大きな負担で、さらに入学時には一度にかかってくるので、相当前から準備が必要でしょう。

次に、母子家庭で大学にかかる費用を減らす方法について、解説していきます。

母子家庭で大学にかかる費用を減らす方法、塾代

大学進学を目指そうと決めたとき、行きたい学校に入るための手段の一つとして、学習塾があげられます。大学に合格するためには、学校の勉強に加えて受験校に合った学習が必要になるからです。

しかし学習塾に通うのにも、当然多くの費用がかかります。入学金、月謝、教材費の他にも、夏や冬の講習代等、母子家庭でなくてもこれはとても大きな負担になることでしょう。

そういった費用を軽減するため、兄弟のどちらかが入塾している場合、その兄弟が入塾すると入学金や授業料が割引になる兄弟割や、無料体験として最初の1~2回は授業料無料といった割引制度を用意している学習塾はたくさんあります。

そして最近では、母子家庭などのひとり親世帯を対象とした割引制度を取り入れている学習塾も増えてきました。

多くの母子家庭が支給を受けている児童扶養手当や戸籍謄本など、母子家庭であることが証明できる書類等を提出すれば、授業料などの割引サービスを受けることができるのです。

また、母子家庭などのひとり親世帯を対象に、塾代の一部を自治体が負担してくれるサポート制度を運営している地域もあります。

例として、東京都が行っている「受験生チャレンジ支援貸付事業」があげられます。

受験生チャレンジ支援貸付事業というのは、都内に1年以上在住で母子家庭などの一定所得以下の世帯の中学3年生、高校3年生を対象に、塾費用や受験料の貸付が無利子で行われる制度です。

しかも高校、大学等に入学した場合、返済が免除されるので母子家庭にとってはとても助かり、子供にとっても受験勉強の励みにもなりますよね。

こういった母子家庭が利用できる様々な割引制度や公的サポート制度を組み合わせて、学習塾にかかる費用の負担を少しでも軽減させ、大学入学後にかかる費用のために備えておくことが大切です。

母子家庭で大学にかかる費用を減らす方法、入学金・授業料

次に大学入学後にかかる費用について考えてみます。

晴れて合格し入学となると、今度はすぐに入学金授業料を始めとする初年度納入金の支払いがやってきます。通う大学にもよりますが、この費用だけで数十万から高い学校では数百万円にもなります。母子家庭でなくても、よほど前から準備しておかないと間に合わないですよね。

また、自宅から通えない距離にある大学を選んだ場合、新生活をおくるアパート等への引っ越しの費用や、家賃、その後の生活費等も加わることになります。

このような多額の費用を自分の家庭でまかなうことができないということになれば、それを補うものとして、母子家庭の方におすすめは「奨学金」「減免制度」の利用です。

奨学金

奨学金の中でも多くの大学生が利用しているのが、独立行政法人日本学生支援機構、通称JASSOが運営する奨学金です。母子家庭で学費の工面が難しい方は、まずこの奨学金を検討しましょう。

この奨学金には、返済が不要の「給付型」と、大学を卒業後に返済が始まる「貸与型」があり、母子家庭で利用者が多いのは「貸与型」です。

給付型

給付型は返済不要であることから利用者の条件が非常に厳しく、申請しても通らないことも普通にあります。

貸与型の多くもそうですが、対象は母子家庭に限定はせず、おもに世帯の所得が利用の第一条件になっています。所得が少ない=学費が出せない、と考えられるからです。

次の条件は、学生の成績です。成績にはよらない奨学金もありますが、給与型のほとんどは、ある一定以上の成績がないと母子家庭であっても審査には通りません。

そのため、給付型は難しそうなら無理せず貸与型を選択しましょう。

もし給付型の条件に当てはまるようであれば、こちらを選択すればいいでしょう。何と言っても返済不要なのは、生活に苦しい母子家庭にとっては大きな助けですから。

また2020年4月から「給付型奨学金」が新しくなり、今までの制度に加えて進学した大学での「給付型奨学金の増額」「入学金や授業料の減額、免除」が受けられるようになったので、大学にかかる費用は一層軽減されますので、母子家庭の方はぜひ確認してみて下さい。

JASSOによる給付型奨学金で支給される金額は次の様になっています。(金額は上限で、世帯の所得によって、上限額、上限の2/3、1/3の3段階に分かれます。)

自宅から通学自宅外から通学
国立大学・公立大学約35万円約80万円
私立大学約46万円約91万円

貸与型奨学金

貸与型奨学金は大きく分けて二種類あり、利息のない「第一種奨学金」と利息のある「第二種奨学金」があります。

「第一種奨学金」は親の所得や子供自身の成績などによって選考基準が厳しく設定されていますが、「第二種奨学金」はそれに比べると採用基準は若干緩やかなものになっています。母子家庭で第一種は条件が厳しくて審査に通りそうにない、という方でも、第二種なら通る可能性があります。

給付型に比べると、学生に求められる成績は緩いところもありますが、世帯の所得についてはおなじように厳しい傾向が見られます。

またどちらの奨学金も、進学先の大学(国公立大学、私立大学、短期大学等)によって区分されており、さらに実家から通学するのか、あるいは一人暮らしをして通学するのか、ということによっても借りられる額は変わります

「第一種奨学金」よりも「第二種奨学金」の方がより多くの費用を借りることができるので、母子家庭で私立に、という方は、第二種を利用する、という選択もあるでしょう。

返済について

しかしこの貸与型の奨学金は、大学を卒業したらもちろん返さなくてはなりません。つまり奨学金という名の借金を背負って社会に出ることになるのです。これは母子家庭であっても同じです。

奨学金の返済は数十年に及ぶこともあります。その数十年の間には、現時点で想像もつかないようなことが起こりえます。

返済を続けながらそのような事態が起きたときにどう対処するのか、そもそも自分が社会に出て現実的にもらえる給料を予想して、そこから返済することができる額はどれくらいなのか、その返済を何年も続けることは自分のこれからの人生においてどれくらい影響するのか、こういったことを思い浮かべることはとても難しいのですが、それくらいの覚悟を持って借りるものである、ということを自覚する必要があります。

母子家庭で貸与型の利用を考えるなら、返済のことを子供ともしっかり話し合っておきましょう。

地域の奨学金

日本学生支援機構の奨学金以外にも、奨学金の貸与や給付をしている機関が多数あります。

給付型奨学金は成績が良くないともらえないというイメージを持っている人も多いと思いますが、成績や所得制限不問の給付型の奨学金もあります。また中には、母子家庭やひとり親世帯の支援を目的にした奨学金もあります。

母子家庭で所得の条件はよかったけど子供の成績が、という方でもすぐにあきらる必要はありません。地域でも規模は小さいですが、奨学金を提供してくれる機関は沢山あります。

日本学生支援機構の奨学金と併用可のものもありますので、積極的に調べてみることをおすすめします。

減免制度

奨学金は生活費全般の支援ですが、大学の入学金、授業料を支援するのが減免制度です。具体的には高等教育の修学支援新制度、いわゆる大学無償化で実施されることになった制度になります。母子家庭などのひとり親世帯の経済的な支援が目的です。

減免制度を利用できるのは、基本的に上の給付型奨学金を利用できる世帯となっています。減免される金額も給付型奨学金の支給額の分類に連動しており、所得によって全免、2/3免除、1/3免除に分かれます。(金額は上限)

国公立国公立私立私立
入学金授業料入学金授業料
大学約28万円約54万円約25万円約70万円
短期大学約17万円約39万円約26万円約62万円

給付型奨学金も減免制度も審査があり、所得制限、学生の成績、学びたいという意欲から判断されます。母子家庭など所得の少ない世帯に対する手厚い支援ではありますが、ある程度の成績と学ぶ意欲をしっかり示すことができないと厳しいところです。

母子家庭で大学にかかる費用を減らす方法、自分で出来ることとは?

以上、母子家庭で利用できる大学進学にかかる費用の割引についてお話してきましたが、奨学金は条件も厳しく、母子家庭なら誰でもというわけにはいきません。

しかし、受験生自身が今すぐにできることがあります。それは「節約」です。

母子家庭の多くは、お母さんが一生懸命工夫して節約していると思いますが、子供も同じ気持ちを持って、節約を心がけるのです。

若いうちは色々と誘惑が多く、欲しいものも沢山あるでしょう。でも、自分の将来のために今を我慢する、そういった気持ちを持つことができれば、少しづつですが節約に取り組めます。

何のために大学進学を決めたのか、それは自分の夢を見つけたりかなえるために必要だからですよね。そのために自分自身ができる節約を、たとえ少額でもつみ重ねていくことです。

未来の自分のために今の自分ができることをやる、まずここから始めましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次